歯を白くする方法~自宅でもできる方法はある?

顔の印象は、目とか鼻とか口のパーツの形や大きさだけじゃなく、肌の色とか、歯の色によってもだいぶ変わりますよね。

先日私の友達が、ホワイトニングで歯を白くしました。歯医者さんでホワイトニングをしたらしいんですけれど、それを聞く前にたしかにパッと見の印象が「明るくなった」「華やかになった」という感じがしたんです。なんか変わったな~、いいことあったのかな~なんて思っていたんですが、プライベートで変化があったわけではなく(笑)、歯の色が白くなったというだけでした。

でも、逆に歯が白くなるだけで、これだけ印象が変わるもんだと驚きましたね。人の印象なんてそんなもんです。肌とか歯の色が明るくなると、「この人、明るくなったな」と思ってしまうというわけなんですね。

この話を聞いて、私もホワイトニングにがぜん興味を持ったんですが、よく聞くと保険がきかないのでずいぶん値が張るようです。友達は歯医者さんで4万円くらいかかったと言っていました。相場的にも3~6、7万円くらいのことろが多いみたいですね。

この金額がまた微妙ですよね~。高いけれど、出せない金額じゃない。これがたとえば「ホワイトニング費用30万円」という設定だったらまずやらないと思うんです笑。「ああ、無理無理、そんなに高いならやりません!」で終わる話。

でも、数万円という金額は、社会人ならなんとか出せないことはありませんよね。高いですけれど!

気軽にできるわけではないけれど、自分へのご褒美というか、変化をプレゼントというか、そういう感じで捉えれば、出してしまいそうな絶妙な料金設定だと思います。

という深読みをしてみたあとなので、あえて「もっと安くできる方法があるんじゃないの?」と思って調べてみたら、実際にありました!

1つは、個人輸入で歯医者さんで使う薬剤と同じレベルのホワイトニング剤を購入して自宅で自分でやる方法。これは、どうやら日本では禁止されているみたいなんですが(やること自体は以違法じゃないけど、そういう薬剤を通販とか市販で売ることが禁止されているようです)、海外では漂白剤入りの薬剤を通販とかで売るのがOKみたいで、それを個人的に輸入して使う方法です。5000円くらいでできちゃうのでかなり安くすみそうですが、なんか怖いですよね。。。海外製っていうだけでちょっと不安があるのに、漂白剤を口の中に入れて使うとか考えると、ちょっと私は無理かもしれません(笑)、やっている人もいるみたいですけどね。

で、もう1つは、歯磨き粉を使ったホワイトニング方法。白くなるスピードとか、白さ自体もかなりマイルドなようですが、安全性は高いです。安いですし。自分でやるなら、このくらいマイルドな方がいいような気がします。漂白剤は使っていないので、歯を白くする原理としては「汚れをしっかり落とす、はがす」という方法。「ふつうの歯磨きと変わらないんじゃない??」とも思ったんですけれど、どうやら汚れを落とす成分というのが全然違って強力みたいなんです。研磨剤も入っていないので、歯に傷がつくのも避けられます。

どうせ毎日歯磨きするわけですから、その中で一緒にホワイトニングもできると考えれば、リスクもありませんし、時間もかからないので、個人的にはこの方法がベストですね。
あわせて読むとおすすめ⇒自宅で歯のホワイトニングのランキング

活動量が多い昼間こそ代謝アップに最適な昼活ができる!?

お昼のランチタイム。あなたはどんな風に過ごしていますか?

もちろん昼ご飯を食べると思いますが、その後残りの時間の過ごし方はどうでしょう?

カフェでコーヒーを飲みながらスマホ?

公園でボーッと無になる?

デスクに戻って昼寝?

同僚とおしゃべり?

お昼の休憩は、だいたい1時間くらいの会社が多いと思うのですが、実際に食事をしている時間を除いてもだいぶ自由になる時間がそこにはあるんですよね。

お弁当を持って行ったりすれば、なおさら「食後タイム」はたっぷり確保できるはずです。

この時間を有効活用して、「代謝の高い体」を作ってみてはどうでしょう。

そもそも昼間は活動的になっているので、ただでさえ代謝があがりやすい時間です。

しかも、ランチを食べた後のエネルギーが体にしっかり充填された状態。この状態をうまく使えば、代謝アップに最適な昼活もできてしまうんです。

代謝アップにぴったりの昼活は、「散歩」。

え、、、散歩なんて軽いものでいいの??と思うかもしれませんが、侮ることなかれ。

まず、食事を摂ったあとすぐに歩いたり運動をするのは、実は血糖値の上昇を抑えるためにも効果的と言われています。

ただ、お腹に消化していない食物がまだ残っている状態なので、激しい運動よりも、少しきびきび歩く散歩くらいの負荷の運動が最適なんですね。

そして、効率よくエネルギーを回すことによって、代謝をアップさせることにもつながります。

しっかり食べて、エネルギー消費の大きい(体の活動タイム)にしっかり消費する。

これが、代謝を促すために効果を発揮してくれるというわけなんですね。

ただ、夏場はできるだけ外は歩きたくないですよね!熱中症になってしまう恐れもありますから。

なので、おすすめは「ビルの中」や「地下街」「ショッピングセンター」などです。

一番手軽なのは、自分の働いているオフィスが入っているビルの中(もちろん、公共スペースに限りますが)を歩き回ることです。

階段の昇り降りなんかも入れると、15分くらい歩き回るだけでも結構いい運動になります。

1日15分でも、月~金まで5日間続ければ75分。1時間以上の運動に相当するエネルギーが消費されます。

さらに、代謝をアップできるので、脂肪を落としやすく、太りにくい体へと導いてくれます。

「朝は忙しいし、仕事が終わって帰ってからでは疲れてしまって、時間がないから運動は無理」

なんて思っていた人でも、このように昼の時間を有効に使うことで、想像以上の有意義な時間を作り出すことができます。

もちろん、これなら家に帰ってからはゆっくりできますからね。

「昼活」というと、昼休憩の短い時間にどこかへ出向いて活動をするのは無理、、と思うかもしれませんが、このように隙間時間を活かすことこそが、昼活の醍醐味です。

それでも「こんな短時間に少し動いただけで効果出るのかな」と不安な人は、加圧インナーを使ってみると効率よく代謝アップにつなげることができます。

メンズ加圧インナーには大きいサイズもありますよ

クラブを卒業した大人の新しい夜活!?暗闇エクササイズ!

最近流行りの「暗闇エクササイズ」。

暗闇で大音量で音楽を聴きながら、エクササイズをするという、けっこう斬新な方法です。

ニューヨークやロサンゼルスが発祥らしく、ヒップホップやロックなどのノリのいい音楽をDJがかける中、その音楽に合わせて体を動かすというもの。

その空間はまるでクラブそのもの!ふつうのジムだと飽きてしまって続かないという人も、大音量の音楽+クラブのような非日常空間でエクササイズをすることで、楽しみながらも体を鍛えることができるんですね。

暗闇なら、「太っているから、恥ずかしいな」とか「やり方がヘンじゃないかな」みたいな余計な気をつかわなくてすみますので、エクササイズそのものに集中できて効率もよくなるというわけなんです。

エアロバイク、トランポリン、ボクササイズのジムがあるようで(他にももっとあるかも)、これらはどうやら同じ会社が運営しているようですね。

トライアルもあるので、合うかどうか試してみてから本会員になれるのもいいところです。

どれも1レッスン45分。45分というとそんなに長くないと思うかもしれませんが、バイク、トランポリン、ボクササイズなどの有酸素運動を45分みっちりやったら相当に疲れると思います(笑)

トランポリンは体幹も鍛えられるので、有酸素+体幹トレーニングと考えるとかなりいいですね。

これらの暗闇エクササイズのジムは、夜の23時までオープンしているので、仕事が終わったあと、帰宅前の夜活として組み込めるのもいいですね。

45分という時間も、毎日のように続けるにはちょうどいい長さだと思います。

暗闇ジムは、とにかくその非日常的空間の感覚を楽しみながら、エクササイズができるということろが魅力です。

若いころはクラブに通ってたけど、今はもう年だしオールはきついから..みたいなかんじでクラブ卒業してしまった大人の方々でも、クラブの楽しさをそのままでエクササイズに転化できてしまいますので、そんなクラブ卒業生にこそ行ってほしいですね!

クラブで踊ると、次の日体重が落ちていたりなんて経験もあると思います。その感覚を思い出しましょう!(笑)

DJがかける音楽も、ヒップホップ、R&B、EDM、レゲエ、ラテン、ロック、最新ヒットミュージックなど、好みの音楽のときに行けば気持ちもさらに上がることは間違いなしです。

クラブへ行く代わりに、大人の新しい夜活の場として活用してみるのはおすすめです。

時間はそんなに長くありませんが、かなり汗だくになるようなので、トレーニング用のウェアに着替えてエクササイズするようにしましょう。

体格がいい人でも着ることができる大きいサイズでも大丈夫な加圧シャツをインナーとして着るのもおすすめです。

朝活筋トレにぴったりの加圧シャツ!女性が男性用を着てもOK?

朝活での筋トレは、体を鍛えるという目的だけでなく、朝いちばんに体を動かすことで1日を気持ちよくスタートするためにもベストなプラクティスです。

ただ、朝は体がまだ思うように動かないとか、キツイ筋トレは続けられないという人に、筋トレを習慣づけるための補助的な道具として加圧シャツがおすすめという話をしました。

加圧シャツのいいところは、体を締めつけてくれることで、正しい姿勢をキープしやすくなるということ。

正しい姿勢を保てれば、筋トレの動作もやりやすくなりますし、それだけでなく筋トレの効率もアップします。

朝の起き抜けの体でも、その締め付ける力で体を引き締めて、体を動かしやすい状態にしてくれるんですね。

ただ、加圧シャツというのはほとんどが「男性用」。

男性用の加圧シャツは数えきれないほど種類が豊富なのにも関わらず、その一方で「女性用」と謳われているものは本当に数えるくらいしかありません。

では、女性でも男性用の加圧シャツを着て、朝活筋トレをしてもいいのでしょうか?

答えは、「やめたほうがいい」です。

というのも、女性の体と男性の体には大きな違いがあるからです。

基本的にふつうの加圧シャツというのは、女性の体のつくりを想定して作られていません。

一番大きな違いは、バスト部分です。

男性用(ふつうの)加圧シャツは、上半身全体を強力な加圧力で締め付けることで効果を発揮しますよね。

そのとき、バスト部分も当然強力に締め付けられてしまうんです。

簡単に言うと、男性用の加圧シャツを着ると、胸がつぶれた状態になってしまうんです!女性の胸は脂肪で成り立っていますので、加圧力の高いシャツで締め付けられるとそのままぺったんこになってしまいます!

もちろん、加圧シャツを脱いだら元に戻りますが、まず長時間着ることはできませんし、なによりも胸をつぶすという動作を何度も続けていたら、本当にバストが崩れてしまう恐れだってあります。取返しがつきませんからね…

なので、女性が加圧シャツを着て筋トレをする場合は、胸の部分がない「腹巻状」のものを使うか、または女性専用の加圧シャツを着るべきです。

腹巻状のものだと、どうしても締め付けてくれる範囲が限られるので、加圧シャツのような姿勢の矯正のような全体的な体のバランスを整えることは難しいです。

なので、ベストなのは女性用の加圧シャツ。

締め付けるべきところは締め付け、守るべきところは守る。

これが選ぶポイントと言えるでしょう。

お腹周りや背中はちゃんと締め付けてくれた方がいいですし、バストは守ってほしいですよね。

シャツの構造的に、こうした工夫がされているものを選ぶようにしましょう。

筋トレ+加圧シャツの上手な組み合わせで、女性らしいきれいなボディラインを作ることができます。加圧シャツの手助けで、朝の筋トレも楽になって、しかも理想的なボディラインが手に入るなら言うことなしですからね!

くれぐれも、男性用を選ばないようにだけは注意してください!

女性のみなさんは、加圧シャツ 女性用を選ぶことが絶対ですよ!

朝活の筋トレは「効率」を目指すのが続けるポイント!

前回、朝活で筋トレを提案しましたが、「そうは言っても、なかなか続けることが難しいんだよね」という人もいるのではないでしょうか。

そもそも運動は、やる時間帯に限らず続かないという人が多いかもしれません。

それに加えて、朝の時間というのは、他に身支度だなんだとやることが多い時間帯。筋トレでモタモタしてしまうと、まず時間がなくなってしまい、時間がなくなると「朝に筋トレなんかやるのがそもそも間違っていたんだ」という気持ちが強くなってしまい、結局長続きせずにやめてしまうという事態にもなりかねません。

ジョギングなんかと違って、筋トレはダラダラやってしまうと時間だけ過ぎてしまい、やる意味がほとんどなくなってしまいます。ジョギングは、ダラダラ走ったとしても、その走った時間や距離分の運動になっていることに変わりはありませんからね。

なので、朝の筋トレは、できるだけ短時間に集中して効率よくやるというのがポイント。

さっさとやって、さっさと終わらせるくらいの勢いでやるのがいいのではないでしょうか。

また、筋トレというのは回数をたくさんやればいいというものではありません。

少ない回数でも、しっかり負荷をかけてゆっくりやることで、筋肉を効果的に鍛えることができるんです。

なので、さっさとやってさっさと終わらせるとはいっても、1つ1つの動作をちゃちゃっと適当にやるのではなく、1つの動作にはゆっくりと時間をかけて負荷をかけているという意識をしながら鍛えるのがベストです。

動作はゆっくり意識して行うけど、効率よく筋トレをするってどうすればいいの?と思うかもしれませんが、その答えは2つあります。

1つは、事前に計画を立ててやること。

無計画に、今日はどこを鍛えようかな~なんて考えながらやると、行き当たりばったりで時間のロスも大きくなります。

なので、寝る前にでも、「明日は腹筋20回×3セットとスクワット20回×3セット」のように先に決めておくのが重要です。あとは、その1回1回に集中してやるだけ。「次は何をやろうかな、、疲れたからやめようかな、、」なんて考える無駄な時間を作らずにすみます。

そして2つ目は、筋トレ自体の効率をあげるアイテムを使うこと。

筋肉の増大をサポートしてくれるサプリを飲むとか、あとは加圧シャツのような体をサポートしてくれるようなアイテムを使うとか。

加圧シャツもあなどれませんよ。着るだけ 腹筋 シャツ 口コミから見てもけっこう筋トレ時に使っている人はいるようです。

朝活は効率よく行うのがポイント。ちょっとした工夫で効率よくできますし、効率があがれば続けやすくなりますよ!

朝活で筋トレに挑戦!ダイエットしやすい体をめざす!

朝起きてから仕事に行くまでの時間をできるだけ有効に使いたいと思い、突然ではあるのですが筋トレをやってみることにしました。

長年の運動不足を解消したいとずっと思っていたのですが、時期的に朝のジョギングはちょっと辛いんですよね。夏は早朝から太陽が容赦なく照り付けるので、仕事前に外でジョギングなんてしようものならヘトヘト&下手したら熱中症になりかねません!

なので、冷房のきいた涼しい室内でできる筋トレをやってみようと思ったわけです。

これなら、熱中症になることもありませんし、朝の時間を有効に活用しながらしっかり体を動かすこともできそうです。家の中でやるので特別な支度も必要ありませんからね。Tシャツに短パンだけでできてしまいます。

自己流で筋トレをやると言っても、まずどこから始めたらいいのかすら分からない状態だったので、とりあえず筋トレの本を1冊購入して読破。

1日に一気にたくさんやろうとしないで、部位ごとに曜日を決めてやることにしました。毎日同じ部位を鍛えるよりは、筋肉を休める日を設けた方が筋トレの効果は高まるようです。

今まで7時に起きていたのですが、筋トレをするために6時起きに変更。起きるときは本当に眠くて、挫折しそうになります。

そこで、一工夫をしてみることに。

筋トレと言えばたんぱく質。前日にゆで卵を2つ作って冷蔵庫に入れておきます。

起きたらすぐにこのゆで卵を食べるんです。

実は私はゆで卵が大好き。早起きはとても苦痛なんですが、「起きたらゆで卵が食べられる!」と思うと苦痛がかなり和らぎます(笑)

ゆで卵が好きじゃない人は別の自分の好物を朝いちですぐに食べるという習慣をつけると、起きることがそんなに苦痛ではなくなると思いますよ!

起きてすぐに物を食べられないと言う人は、何か好きな飲み物を飲むというのでもいいかもしれません。胃に物が入ると脳も「起きた!」ということを認識するんでしょうか、活動モードに入りやすくなります。

そして、いよいよ筋トレ。

とりあえず私は「自宅でできるライザップ」という本を買ってトレーニングをしているのですが、最初は1回の筋トレ時間を30分程度から始めた方がいいでしょう。

朝1時間もかけてトレーニングをすると、、、はっきり言って飽きてしまいます(笑) 特に、自宅でのトレーニングは単調になりがち。ジムのように機械があるわけではないので、はっきり言って面白味には欠けると思います。

体力的にキツイというのもあるのですが、それよりもこの単調さに打ち勝つのが先。

なので、短時間でサクっと終わらせられるくらいのメニューにして、その代わりいろんな部位を日替わりで鍛えるというのがいいのではないでしょうか。

30分の筋トレだと、メニュー的には「準備運動のストレッチ→2~3種類の筋トレ×3セット→終わりのストレッチ」くらいが目安ですね。

鍛える部位にできるだけ意識を集中すれば、短時間でもしっかり鍛えることはできます。

筋トレをすることで、代謝をアップさせてダイエットしやすい体を作ることが目標です。

体がなまっていて筋力が相当落ちていると思われる場合は、筋トレをする際にダイエット効果もある加圧シャツというのを着てみるのもいいです。筋トレの効率をよくしてくれるようですよ!