子供のころから、歯磨きがあまり好きではありませんでした。よく、歯磨きにかける時間は3分くらいと言われていますが、歯磨きをしているときの退屈さがたまらなく苦手で、30秒くらいで「ちゃちゃちゃ!」と磨いて口をゆすいで終わり!みたいな感じで、さっさと終わらせていました。

それでも意外と歯は強い(?)方で、人並みに虫歯になることは当然ありましたが、それでも特別多いというわけでもありませんでした。なので、歯磨きなんてこんなもんでいいんだろうとずっと思っていたんです。

この30秒高速歯磨きは大人になってからももちろん続いたわけですが、取り立てて不便というか、歯への不具合を感じることはなかったんです。

ところが、あるとき鏡を見ていて気付いたのですが、どうも歯が黄ばんで見えるというか、茶色っぽく見える部分まであるような気がするんです。

気のせいか、それとも光のせいかと思って、別の部屋で大きな口を開けて鏡に歯を映してみたのですが、どうやら別の部屋、別の光の下、別の角度から見ても、歯が黄ばんで見えるんです。

そしてさらに悪いことに、最近少し気になりだしたのが「口臭」。思いっきり臭いというわけではないんですが、ときおり「ぷーん」と臭うんですよね。自分でも臭うということは、もしかしたら、、、そう、周りにはもっと強烈に臭っている可能性があるんです!さすがにこれは焦りますよね。

歯が黄ばんでて、しかも臭う。。。いくら虫歯がないと言っても、これはちょっと受け入れがたいものがあります。

これまでウン十年という期間にわたって、歯磨きを適当にやってきてしまったツケということなんでしょうか!?

今さら反省しても遅い気がしますが、それでもやらないよりマシと思って、その日から真面目に2分くらいは歯磨きをするようにしました(この期に及んでも3分はキツイ(笑))。

また、歯の黄ばみを取る方法はないかと調べてみたところ、最近ではホワイトニング効果のある歯磨き粉というのが売っているみたいなんですよね。歯磨きに興味がなかったので知らなかったのですが、これなら歯医者さんに通ってホワイトニングをしなくても(数万円するみたいなんで、さすがにそこまではやりたくありません(笑))、自宅でこの歯の黄ばみをどうにかできそうな感じです。

とは言っても、1日2日できれいな真っ白い歯になるわけではなさそうですので、1か月くらいは根気よく続けてみようかなーと思っています。

まだ、あちこち虫歯になっていないだけありがたいと思って、これからは心を入れ替えて、歯磨きをしっかりしていかないといけないなーと思った出来事ですね。健康できれいな歯というのは、ある程度の努力の上に初めて手にすることができるんだと痛いほど実感しました。

臭いのは、さすがにまずいですからね(笑)参考サイト:歯磨きで歯を白くする