顔の印象は、目とか鼻とか口のパーツの形や大きさだけじゃなく、肌の色とか、歯の色によってもだいぶ変わりますよね。

先日私の友達が、ホワイトニングで歯を白くしました。歯医者さんでホワイトニングをしたらしいんですけれど、それを聞く前にたしかにパッと見の印象が「明るくなった」「華やかになった」という感じがしたんです。なんか変わったな~、いいことあったのかな~なんて思っていたんですが、プライベートで変化があったわけではなく(笑)、歯の色が白くなったというだけでした。

でも、逆に歯が白くなるだけで、これだけ印象が変わるもんだと驚きましたね。人の印象なんてそんなもんです。肌とか歯の色が明るくなると、「この人、明るくなったな」と思ってしまうというわけなんですね。

この話を聞いて、私もホワイトニングにがぜん興味を持ったんですが、よく聞くと保険がきかないのでずいぶん値が張るようです。友達は歯医者さんで4万円くらいかかったと言っていました。相場的にも3~6、7万円くらいのことろが多いみたいですね。

この金額がまた微妙ですよね~。高いけれど、出せない金額じゃない。これがたとえば「ホワイトニング費用30万円」という設定だったらまずやらないと思うんです笑。「ああ、無理無理、そんなに高いならやりません!」で終わる話。

でも、数万円という金額は、社会人ならなんとか出せないことはありませんよね。高いですけれど!

気軽にできるわけではないけれど、自分へのご褒美というか、変化をプレゼントというか、そういう感じで捉えれば、出してしまいそうな絶妙な料金設定だと思います。

という深読みをしてみたあとなので、あえて「もっと安くできる方法があるんじゃないの?」と思って調べてみたら、実際にありました!

1つは、個人輸入で歯医者さんで使う薬剤と同じレベルのホワイトニング剤を購入して自宅で自分でやる方法。これは、どうやら日本では禁止されているみたいなんですが(やること自体は以違法じゃないけど、そういう薬剤を通販とか市販で売ることが禁止されているようです)、海外では漂白剤入りの薬剤を通販とかで売るのがOKみたいで、それを個人的に輸入して使う方法です。5000円くらいでできちゃうのでかなり安くすみそうですが、なんか怖いですよね。。。海外製っていうだけでちょっと不安があるのに、漂白剤を口の中に入れて使うとか考えると、ちょっと私は無理かもしれません(笑)、やっている人もいるみたいですけどね。

で、もう1つは、歯磨き粉を使ったホワイトニング方法。白くなるスピードとか、白さ自体もかなりマイルドなようですが、安全性は高いです。安いですし。自分でやるなら、このくらいマイルドな方がいいような気がします。漂白剤は使っていないので、歯を白くする原理としては「汚れをしっかり落とす、はがす」という方法。「ふつうの歯磨きと変わらないんじゃない??」とも思ったんですけれど、どうやら汚れを落とす成分というのが全然違って強力みたいなんです。研磨剤も入っていないので、歯に傷がつくのも避けられます。

どうせ毎日歯磨きするわけですから、その中で一緒にホワイトニングもできると考えれば、リスクもありませんし、時間もかからないので、個人的にはこの方法がベストですね。
あわせて読むとおすすめ⇒自宅で歯のホワイトニングのランキング